~ お客様へお知らせ ~

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
大変勝手ながら下記の通り変則営業・店休日とさせて頂きます。

8月12日(水) 18:00 閉店予定

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承のほど宜しくお願い致します。

今すぐ電話

<iPhone修理 四街道市>杜撰なiPhone修理店にはご注意を!!

数多くのiPhone修理店が存在しますが、それぞれの修理店ごとに設備・技量・品質が異なることをご存知ですか?

皆様こんにちは、JR四街道駅北口駅前のiPhone修理店「i-Rescue119千葉四街道店」です。

緊急事態宣言が解除されて2週間が経ちました。

街ではマスク着用者の方が多く見受けられますが、マスク未着用の方もやはり見かけます。

マスク着用者の多くの方は未着用の方を避けてすれ違っているように思えました。

本日当店にもマスク未着用のお客様が来店されました。

緊急事態宣言が解除されてから未着用者が多くなりましたね。油断は禁物です!!

当店では自分や他のお客様のためにもマスク着用のお願いをしております。

マスクが手に入らなかった時は店内で販売しているマスクを購入してもらっていましたが、今現在は面倒なので売り物のマスクを1枚差し上げています。現在は当店にもマスクが腐るほどあるので・・・笑

今日のお客様にも1枚差し上げました。

コロナ騒動終息には、まだまだ時間がかかるかと思いますが1日も早く終息することを願うばかりです。

機種・修理内容

話がだいぶそれてしまいましたが、先日四街道市内よりiPhone修理のご依頼がございましたのでご紹介させていただきます。

機種は、iPhone7 です。

まずは下記画像をご覧ください。

ご覧いただくように液晶パネルが破損していますね。

液晶パネルはお客様ご自身で落としてしまったとのことで、割れてしまったそうです。

今回の修理は液晶パネルの交換は当然なのですが、ボリュームスイッチがグチャグチャになっていますね。

この端末は以前にも近くの某iPhone修理店で画面割れ修理を行ったことがあるらしいのですが、そのときにこんな状態になって返却されてきたそうです。

その時は「フレームが歪んでいるので修正して良いですか?」と言われたので「はい、お願いします。」とお願いをしたそうです。

ところが・・・直ってくるどころか、ズタボロになって戻ってきたと・・・(汗)

凹んでいて多少の傷はあったけどこんなに傷なんて付いていなかったし、ボリュームスイッチも正常に機能していたのがマイナス音量ボタンが押されっぱなしになっていてボリューム操作ができず大変不便になってしまったと仰っておりました。

「ペンチで挟んで修正しようと思ったんですけど、固くて戻らなかったです~~ぅ。」と実演混じりで説明されたそうです。

まずこの時点でアウト!!ペンチで挟めば傷が付くことは冷静に考えればわかることです。

車の板金修理のように塗装ができるわけではないので、傷が付くにしても最小限に抑えなくてはなりません。

しかもペンチなんかじゃ直りません!!現に直らずズタボロになってるわけですから・・・

出来ないなら修正しても良いか?なんて言わなきゃいいのに・・・

触らぬ神に祟り無しとはこのことですな。。。

今回のメインは液晶パネルの交換修理ですが、このボリュームスイッチ部分が歪んでしまっているため液晶パネルがキレイに収まらないので、フレーム修正も行います。

ついでにボリュームスイッチも直しちゃいます!!

他所では出来なかった板金修理を当店がやってのけます。

はい、分解してみたところだいぶ歪んでいることがわかりますね。

液晶パネルが収まるための溝が切られているのですが、バラした状態でペンチで挟んだようで溝が無くなってしまっていました。

液晶が何となく浮いているように思えたのは、これが原因ですね。

これは結構手間がかかるなぁ(汗)

スイッチ部は全てバラバラに分解します。

そして上記画像のように小さなスイッチ部分も形を整えるため一つ一つ丁寧にバリを取り除き面取りしていきます。

上記画像をご覧いただいてわかりますでしょうか?

ベッコリ凹んでいたフレームが戻っているかと思います。

ペンチは使っていませんよ(笑)当店は様々な技術を駆使して修正していきますので・・・

液晶パネルが収まる溝も切り直してあります。

最初から当店がやっていれば、こんなズタボロにならなかったはず・・・

こういう細かい作業はいつからやってたかなぁ・・・小学校低学年か!?

ミニ四駆・ラジコン・チャリンコ・原付き改造・走り屋・・・歳がバレちゃいますね(汗)

 

はい、どうでしょうか!?

ほぼ元に戻っているかと思います。この時点でボリュームスイッチもきちんとカチカチと押せる状態になっています。

まとめ

はい、全ての作業が完了しました。

液晶パネルはもちろんのこと、ぶっ壊されてしまったボリュームスイッチも正常に動作するようになりました。

板金塗装ができればもっとキレイに直せるんでしょうけどね~(汗)

お客様も「はじめからこちらに伺えばよかったです。」と大変喜ばれお帰りになられました。

今回のように一言で「iPhone修理」と言っても一言では語れないくらいの修理内容・技法があるのです。

当店では、iPhone修理をはじめiPad・iPod・iQOS・パソコン修理、データ復旧、ハンダ修理と様々な設備と技法を駆使して修理にあたります。

しかしながらこれだけの作業を行うわけですから、それなりの対価が発生することは当然です。

安い金額で決まった作業しかやらないお店はいくらでもありますし、当店のような職人気質のようなお店もあります。

お客様それぞれご自身に合った修理店をご利用下さい。

お困りのお客様はお気軽にご相談下さいませ。

全力で対応させて頂きます。