~ おしらせ ~

下記の通り店休日や変則営業となります。
ご不便をお掛けし申し訳ございません。

11月24日(日) 店休日

今すぐ電話

習志野市でiPhone修理店をお探しなら【i-Rescue119千葉四街道店】

習志野市でiPhone修理店をお探しなら、豊富な設備と高い技術のi-Rescue119にお任せ下さい。

 

習志野市は面積的には広くないですが人口約17万人(2018年現在)で人口密度は、千葉県でもっとも高い数字となっています。

習志野市の近隣には、千葉市、船橋市、八千代市、四街道市と商業施設が多く建ち並ぶエリアに囲まれています。

買い物で困ることは、まずないですね。とても羨ましい地域です。

何と言っても、JR津田沼駅から東京まで約30分で行けてしまう抜群のロケーションです。

通勤・通学には都合の良い環境でしょうか。

また習志野市は、海にも隣接しています。ラムサール条約に認定された谷津干潟です。

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され[条約 1]、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。

正式題名は特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約(英:Convention on Wetlands of International Importance Especially as Waterfowl Habitat)。日本での法令番号は昭和55年条約第28号。「ラムサール条約」は、この条約が作成された地であるイランの都市ラムサールにちなむ通称である。

制定当初のこの条約には条項の改正手続に関する規定が含まれていなかったため、第10条と第11条の間に改正規定に関する条項として第10条の2を加える旨などを規定した特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約を改正する議定書が、1982年12月3日にパリで作成された。

引用~Wikipedia

谷津干潟には、多くの生物が生息しておりそれを餌にする多くの野鳥が生息しているそうです。

沢山の渡り鳥も羽を休めに来るそうですよ。

また習志野市は、「ソーセージ製法 伝承の地」と言われているそうです。誰もが大好きであろうソーセージですが、なぜ習志野市が伝承の地とされたのでしょうか?

その答えは、第一次世界大戦中にドイツ兵の収容所があったそうです。当時の農商務省は、収容所内でドイツのソーセージ職人がソーセージを製造していることを知り、技師を派遣し製造の秘伝を公開してもらったそうです。

このソーセージ製造技術が、日本全国の食肉加工業者たちに伝わっていくこととなったのです。

当時のレシピを元に、保存料などの添加物は使わず、塩とコショウだけの味付けで製造された「習志野ソーセージ」は、一口食べれば肉汁があふれ出るご当地グルメとなっているそうですよ。

さて、習志野市内でiPhone修理店というとほとんどありません。津田沼に正規店がありますが、正規店ではデータが消えてしまうというリスクを伴います。

当店は四街道市にありますが、習志野市東習志野・谷津・大久保・茜浜・秋津・香澄・鷺沼・鷺沼台・藤崎・実籾からいらっしゃるお客様も数多くいらっしゃいます。

習志野市から四街道市まで車で30分程なので、そういった理由からも多くのお客様に支持されているのかと思います。

お困りのお客様は是非一度当店にご相談下さいませ。

全力で対応させて頂きます。

iPhone修理・iPod修理・iPad修理・パソコン修理・iQOS修理
JR四街道駅北口駅前通り沿い i-Rescue119

〒284-0005 四街道市四街道1-4-9 ブルースカイタワー1F
TEL : 043-310-4215
HP:https://pc-rescue119.com/