業務委託 iPad修理 iPadmini2 ドックコネクタ交換

千葉でiPad修理を頼むなら、JR四街道駅北口駅前の【i-Rescue119千葉四街道店】にお任せください。

こんにちは、四街道市で元気に営業中のiPad修理店【i-Rescue119千葉四街道店】です。

桜も咲いて春ですね~。私の地元にはお花見で有名スポットがあるので、この時期だけは賑わいます。1年を通してこの時期だけです。(汗)

さて当店はリニューアルオープンさせていただいて、おかげさまで数多くのお客様にご利用いただいております。本当にありがとうございます。

今回は山梨県よりiPad修理のご依頼です。同業者様からの業務委託です。

当店では、他店では不可能な高度な修理も行っております。

iPad修理をはじめ、iPod・iQOS・パソコンと幅広く対応しております。

今回の修理依頼は、iPadmini2のライトニングコネクタ交換です。

iPad系のライトニングコネクタは本当に弱く、交換依頼も多いです。

特に充電器を挿しっぱなしで利用されている方、注意してください。

まずは修理前の動画をご覧ください。

ライトニングコネクタに差し込んだ充電ケーブルを触ると、通電したりしなかったりします。

これはコネクタ内部で接触不良が起きているためです。

こうなってしまうとコネクタ部分を交換するしかありません。

しかしiPadのライトニングコネクタは、iPhoneのようには交換はできません。

ロジックボード(メイン基板)にハンダ付けされているためです。

このことから同じiPhone修理店でもiPadのライトニングコネクタ交換は、委託されることが多いようです。

上記画像のようにフレームからロジックボード(メイン基板)を下ろしてハンダ作業を行っていきます。

上記画像は、交換作業完了直後の画像です。

とても細かい作業なのでマイクロスコープ越しでのハンダ付け作業となります。

当店もこのマイクロスコープに何度助けられたことか・・・(笑)

当店の修理作業では絶対に欠かせない相棒です(笑)

修理完了後の画像が抜けてしまって申し訳ありませんが、正常に動作することを確認しご依頼者様へご返却させて頂きました。

数日後、「きちんと直っています!またお願います。」とのご連絡を頂きました。

いつもご利用いただきありがとうございます。今後共宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

当然ですが、個人のお客様からも同様の修理を承っております。

ライトニングコネクタが不調の方、是非当店にご相談くださいませ。

全力で対応させて頂きます。(•̀ᴗ•́)و ̑̑

コメント